はじめて貧血を使う人が知っておきたい7つのルール

貧血の悲惨な末路

産院にいた時から毎日育児日記をつけているのでそれを見て思い出しながらの記録。
2015年9月18日 52cm 3244g大きな男の子が生まれました。虹翔のお誕生日。
妊娠中に貧血や張り止めの薬は飲んだけど、虹翔の成長発達には何の問題もなく、予定日より遅れたために促進剤を使っての出産だった。安産だった。
私も主人も、我が子がまさか病気を持って産まれてくるなんて、頭の隅にもなかった。そんなことこれっぽっちも考えていなかった。
産まれた日から虹翔の身体を一番心配していたのは私のお母さんだった。
実は私は色素失調症という遺伝の病気があって、それは自分の子供に女の子なら2分の1の確率で遺伝するし、男の子ならその遺伝子を継いだ場合は流産してしまうが、継がない場合は健康な子が産まれてくると言われていた。私自身もそんなに知識がなかったし、色素失調症といっても身体にアザがあるくらいで他は何も不自由のない健康な身体で、自分が病気を持ってる自覚とかは全然なかった。
だから男の子の場合は、産まれてくる子は絶対に健康な子だ、そう思っていた。
でもお母さんは虹翔の身体に少し発疹があることを最初から気にしていた。
私はそれを否定したい気持ちが強くて、「大丈夫だよ別に。」そんなことを言って、そんなにひどくなかったし、始めは目を背けてた。
生後2日目に初めて虹翔の沐浴見学をした。身体の発疹が増えてきていて心配になった。
抗生剤の飲み薬と塗り薬を処方してもらって毎日頑張って飲んだね。先生やスタッフは皆、乳児湿疹のひどい子はこのくらいなるから心配ないよと言った。それでも私のお母さんは心配していて、絶対に紹介状を書いておいてもらったほうがいいってずっと言ってた。
この日は虹翔のちょっとした事が色々気になって、母子同室が始まったのに、虹翔の前で泣いてばかりだった。ごめんね、弱いお母さんで。
生後3日目、赤い発疹が白いニキビみたいなポツポツになってきた。やっぱり心配で、昨日一度断られてたんだけど、別の助産師さんにもう一度伝えて、先生に地元のこども病院に紹介状を書いてもらうようにお願いした。
それから、お母さんが昔、有名な先生に連絡したことがあって、その先生の連絡先を必死で探して、見つけて、虹翔のことについて、まだ生後3日目までの情報しかないけど事細かく連絡してみた。
送ったその夜に返事が来ているのを次の日に知った。全然知らない遠くの親からいきなり連絡が来て、忙しい中すぐにお返事くれて。すごく嬉しかった。私の地元のこども病院に知り合いの先生がいるって言ってくれて、なんだか心強かった。
虹翔の身体は、白いニキビみたいだったところがちょっと膿をもつような感じに変わって来てた。赤みは減ってた。今できることを後悔しないようにやろう、そう思った。虹翔の身体は痛々しかったけど、その変化をしっかり記録しておかないとと思って、お母さんにも言われて、毎日変化する身体を、涙をこらえながら写真におさめた。
有名な先生と連絡が取れて、1つ前進した気がしてホッとした。産院の師長さんが気にかけてくれて、この時私は初めて泣き顔を見せた。もともと我慢強くてプライドも高い私だけど、まだまだ始まったばかりの子育てに不安が募る一方で、この時は本当にネガティブで、泣いてばっかりだったなあ。
師長さんはすごくいい人で、一緒に泣いてくれた。
初めは皆に、ただのひどい乳児湿疹だと言われていたけれど、私の病気を説明したら、スタッフみんなで調べてくれたみたい。そして会う人みんな心配して声をかけてくれた。もともと色素失調症を知らない人はたくさんいるし、調べなきゃわからないような病気だもんなあ。
虹翔はこの頃からもう、皆に愛されるような子だったんだね。
そして生後5日。今日は退院の日。
虹翔の身体は所々茶色くかたいポツポツに変わっていた。白いところは減って来てた。お母さんは、私の時より変化するのが早いって言ってた。やっぱりお母さんってすごいな、そう思った。

見た感じ、痛々しさは減ってきていて、やっぱりひどい乳児湿疹なのかな?それだったらいいななんて思ったりもした。何かの重い病気じゃなきゃいい、薬塗って治るならそれでいい。そう思った。もし、色素失調症だったらごめんね、そう思っていて、他の診断がつくなんて全く思っていなかった。もちろん主人もお母さんも。誰も。
不安に押しつぶされそうになりながらも、主人と虹翔と無事に退院して、里帰り先での生活が始まった。

親の話と貧血には千に一つも無駄が無い

本日、起きるべくして事故が起こってしまった。
第二子、一歳4ヶ月。慣れからくる、完全なる私の不注意だった。

20:30

シリ子(5歳)がお腹空いたと言うのでブドウをあげた。
餅男(1歳4ヶ月)にも1つあげてや〜と何も考えずにシリ子に言い
台所仕事をしていた。
(普段、餅男は歯が上下生え揃いブドウは上手に噛んでいた。)

その直後

餅男が冷凍ブドウを飲み込み詰まらせてしまった。
私が台所仕事をしている時に振り返ると、詰まらせて苦しそうな餅男。

オエ!オエ!とえずくがブドウは取れない。背中を叩いても、後ろから胃を押してもだめ。

大変や!

お風呂からちょうど出てきた旦那へ餅男を抱いて連れて行く。

「餅男がブドウを詰まらせた!!」

旦那がブドウを取ろうと指を入れるも
餅男が歯を食いしばって指を噛みそれ以上指をいれられなかった。

餅男を逆さまにして背中を叩くも背中から胃をおさえるのも効果なく

餅男の顔がどんどん紫になり手足はグッタリする。

旦那は救急車!と叫ぶ。

私は慌てふためいて携帯を探し
震える指で間違えて110番してしまい警察の人に119へと促された。
119へかけてもうまく住所が言えない。番地も言えない。
こんなことしてる間に餅男は死んでしまう!はやくはやくはやく

救急隊員に電話で指示され

旦那は風呂から上がった裸のまま
餅男を心臓マッサージしながら大きい声で呼びかけている。

餅男!頑張れ!頑張れ!
餅男の鼻や口から血が出ていた。

救急車が到着した時には
心肺停止、呼吸停止。

7人くらいの救命士が家へ上がり餅男は風呂場からリビングへ運ばれた。

リビングで心臓マッサージと人口呼吸器がつけられて
そのまま救急車へ。

私が一人で救急車に乗り込む。

餅男の呼吸と心臓のメーターがピーッと止まっている。
餅男!頑張れ!頑張れ!頑張って!何度も叫んだ。

病院に着いたが
私のあまりの動揺し取り乱す様に看護師さんに促され

旦那とシリ子も病院へ来てもらうように電話をかけた。

その時も
ま、まだ心臓も動いてないし呼吸もしてない。どうしよう、どうしよう

と動揺しながら話す。

処置室に入ってから30分くらいだったが私には丸一日に思えた。

なんで冷凍のブドウなんてあげたんや。しかもシリ子の手から。
シリ子は自分のせいやと思ってしまう。

冷凍やったから喉に張り付いてとれなかったんや。
まだ餅男は1歳4ヶ月やのに。

餅男、頑張って!
餅男、帰ってきて!
餅男、助かって!
餅男、餅男、餅男、餅男

死んだおじいちゃん餅男を助けてください、あちら側から戻してください、
お願いします、お願いします、、

餅男、ほんまにごめんね。ごめんね。
泣きながら何度も何度も繰り返し言った。

横についてくれた看護師さんが私の背中をさすってくれていた。

旦那とシリ子が病院へ到着した。
シリ子は泣いていない。
「ママ、餅男くんは大丈夫だから」

旦那にそう言われてるのかシリ子は私に優しく言ってくれた。
そうやな、シリ子が泣いてないのに母親の私が取り乱してたらあかん。

けど、涙はあふれてくる。
神さま、餅男を助けてください!どうかどうか命だけでも助けて下さい!

しばらくして小児科の先生が待合室に入ってきた。

先生がゆっくりと話す。

「お子様の心拍は戻りました。血圧も110あります。
呼吸はえずくようにしているので、人口呼吸器をつけています。
でも、まだ状態は安定していません。
今から脳を確かめるためにCTを取りそこからICUへ移ります。」

え、助かったの?まだ分からないの?

餅男を見るまで安心出来ない。身体が急にぐったり重くなる。

そこからまたしばらく待たされた。

ようやく餅男の所へ案内されると

人口呼吸器をつけ薬で眠らせられ半目を開けた餅男が処置室のベッドで横たわっていた。
小さい身体。

救急車の中で見たより血色の戻った餅男の肌。
そっと触れると手足は冷たいけどおでこは暖かかった。

あぁ。良かった。脳のダメージはまだ分からないけど
餅男は助かったんや。

ありがとうございます。ありがとうございます。

また涙が溢れた。
シリ子を抱きしめた。

餅男はICUに移動して一番奥の個室で治療されることになった。

まだ安定してない容態。
人口呼吸器もまだ取れない。点滴だらけで、薬で眠らせられたまま。

でも、確かに上下する胸。ピクッと動く身体。

命が帰ってきてくれた。餅男は頑張ってくれた。

CTでは脳に出血はみられなかった。
身体や脳にダメージが残るかは今後の経過観察でしか分からない。

意識が無事に回復するかもまだ分からない。

先生から入院の手続きやら今後の治療のことやらの説明を受ける。
私は先ほどまでのショックが強すぎて
頭がボーッとし貧血気味でとても話を聞いていられなかった。

旦那がしっかりしてくれて良かった。

病院の説明も手続きの書類も書いてくれた。
心臓マッサージも頑張ってくれたから餅男の心臓が動き出したんだ。

とりあえず餅男をICUに残して帰宅してきたのが深夜1:00。

リビングに生々しい血が残っていたのでそれらを拭き取ってから布団に入る。

が目を瞑ると
心臓マッサージ中の
餅男の苦しそうな光景や血、救急車の中のことを思い出す。

なにより
ブドウをあげてしまった自分の後悔でまったく眠れない。

今もICUで頑張る餅男に早く会いたい。
ほんとにごめんね。

とりあえず、今晩容態急変の電話がかかってきませんように。


貧血 関連ツイート

RT @xX_nkmk_Xx: どなたか犬の輸血にご協力いただける方募集してます、、、免疫性の貧血で数値的には危篤状態で早急な輸血と検査手術が必要です、、、廿日市近辺だとなお嬉しいです、、、謝礼をします、、、お願いします、、、8歳以下の大型犬がいいそうです、、、 https:/…
<鉛中毒> ・フェロケラターゼ、ALAデヒドロゲナーゼを障害。 ・プロトポルフィリンⅨと鉄の結合を阻害(ヘム合成の最終段階)→亜鉛プロトポルフィリン。 ・症状は小赤血球性貧血、消化管障害、腎障害のほか、小児では精神発達遅滞、成人では記憶障害、脱髄など。 FA2012 p.386
貧血気味の女の子に食べられたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする